貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ちゃっかりクラケールのおたんじょうび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちゃっかりクラケールのおたんじょうび

  • 絵本
作: レンナート・ヘルシング
絵: スティグ・リンドベリ
訳: いしいとしこ
出版社: プチグラパブリッシング

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちゃっかりクラケールのおたんじょうび」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年09月
ISBN: 9784939102462

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

スウェーデンの作家、レンナート・ヘルシングのお話に、グスタフスベリ社のデザイナーであり、テキスタイルデザイナーでもあったスティグ・リンドべリが挿絵を書いた絵本『KRAKEL SPEKTAKEL KOPER EN KLUBBA』(1957年発行) の日本語訳版。

お誕生日のクラケールは仲良しのブリッタと一緒にお菓子を買いに行きました。おいしそうなキャンデーを見つけても、まだまだ満足しないクラケールが最後に手に入れたものとは…?

ベストレビュー

本当にちゃっかりですね(笑)

タイトル通り本当にちゃっかりなクラケールのお話です。
誕生日なクラケールとブリッタ。2人は一緒にお菓子を買いに行きますが…。
その後の展開がすごかったです。どんどん次から次へといろいろなものを手に入れていきます。最終的にはなんと…!
そのちゃっかりぶりに驚きました。まあみんな納得しているしいいのかな。ちゃっかりもここまでくれば感心してしまいますね(笑)。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レンナート・ヘルシングさんのその他の作品

にぎやかな音楽バス / かぼちゃひこうせんぷっくらこ

いしいとしこさんのその他の作品

ピッピ、お買い物にいく / ピッピ、公園でわるものたいじ / ピッピ、南の島で大かつやく / 長くつ下のピッピ 写真絵本 / こんにちは、長くつ下のピッピ / おりこうな アニカ



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

ちゃっかりクラケールのおたんじょうび

みんなの声(8人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 2
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3



全ページためしよみ
年齢別絵本セット