ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
なっちゃんのなつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なっちゃんのなつ

作: 伊藤比呂美
絵: 片山健
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥410 +税

「なっちゃんのなつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年09月

対象年齢 5才から6才向き

出版社からの紹介

なっちゃんは、ともちゃんの家を訪ねます。ところが、ともちゃんはいませんでした。そこで一人で川原にでかけてみると、今は夏のまっさかり。草が生い茂り、花が咲き、虫たちがうようよしています。夕立におそわれ、家に帰ると、おばあさんからお墓参りにいこうねと誘われます。そして墓参りから帰れば、ともちゃんがまっていました。二人は、それから遊びました。

ベストレビュー

静かな夏の一日

月刊「かがくのとも」を定期購読しているのですが,書店で見ただけでは,なかなか買おうと思わないような
テーマのものも含まれるので,親の世界観を子供に押し付けない意味でも定期購読は有意義だと思っています。
そのなかの一冊,「なっちゃんのなつ」は,子供にせがまれて何度か読み返すうちに,どんどん心の奥に染みこんできた本です。
夏の終わりに近い,なっちゃんの一日をおった,とくに何が起こるでもないストーリーの絵本ですが,
しらずしらずに,そこに描かれていないなっちゃんの物語を想像している自分に気がつきます。
ビデオなどでは得られない,絵本固有の時間の流れを実感できる,いつかあった,静かな静かな夏の一日を思い出させる絵本です。
(みっくんさん 40代・パパ 男の子3歳)

出版社おすすめ


伊藤比呂美さんのその他の作品

リフカの旅 / 今日 / <よりみちパン!セ> あのころ、先生がいた。 / きみの行く道 / ふしぎのたね / おめめとじてね

片山 健さんのその他の作品

あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの / ぼくからみると / とくんとくん / ねむねむくんとねむねむさん



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

なっちゃんのなつ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット