宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
すえっこねこのルウ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すえっこねこのルウ

作・絵: さとう わきこ
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「すえっこねこのルウ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

みんなに愛される末っ子ちゃん

末っ子ねこのルウはみそっかす。みんなのお手伝いしたいのにお皿は割ってしまうし、洗濯物はおとしてしまう。みんなに「お手伝いはいらないわ」と言われてしまう。それでも、家族の役に立ちたくてあれこれがんばってみるのですが・・・

ばばばあちゃんシリーズのさとうわきこさんの作品です。

とにかく、ルウの明るいのがいい。失敗しても、笑われてもへこたれないでみんなを喜ばせたいとがんばるのです。困ったことになっても、「大丈夫、へいちゃらさ」と元気元気。まるで、我が家の末娘のようです。最後は運がいい所まで。

さとうわきこさん、末っ子の持ち味をよくわかってらっしゃる。ひょっとして、ご自分も末っ子なのでしょうか?もしかしたら、末っ子の世話を焼いていた上のお姉さんかもしれませんね。

最後のページ、食卓を囲む家族の絵で、満足そうなルウの表情が最高です。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さとう わきこさんのその他の作品

ばばばあちゃんの クリスマスかざり / あめのち ゆうやけ せんたくかあちゃん / うみのおまつりどどんとせ / 復刊絵本セレクション 3 たぬきがいっぱい / のいちごつみ ばばばあちゃんのおはなし / ばばばあちゃんのおりょうりセット(全6巻セット)



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

すえっこねこのルウ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット