INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ねむりたくないトム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねむりたくないトム

  • 絵本
作・絵: マリーアリーン・ボーウィン
訳: かねづか きょうこ
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「もう寝る時間よ」お母さんとお父さんは、まだ楽しそうにおしゃべりしているのに、ぼくだけひとりぼっち。トムは寂しくないように、いいことを思いつきました。

ベストレビュー

子どもは親にそばにいてほしい

「ねむりたくないトム」の題の通り、主人公のうさぎのトムは、お母さんにベッドに入れられてもなかなか眠れません。この絵本では、寝付くまでお母さんがそばにいてはくれないのです。トムは一人ぼっちで寂しいのです。その子どもの叫びが、とてもよく表現されています。最後は、自分のベッドに持っているぬいぐるみをみんな乗せて、自分の寝る場所がなくなり、疲れておもちゃ箱の上で寝てしまっています。

うちでは、家族全員が狭い部屋にそれこそくっついて寝ています。それでも、子ども達は毎晩のように「ママのとなりがいい」とか「手をつないでね」と言います。外国ではこう(子どもを1人ぼっちで寝かせる)なんでしょうか?アメリカの映画などを見ると、子どもは小さい頃から1人で寝かせられています。

子どもはやはり「お母さん、そばにいて」と思っているのでしょうね。
この絵本からはそういうメッセージが聞こえてきます。
(くるりくまさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳、男の子1歳)

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

かねづか きょうこさんのその他の作品

わすれてごめんね


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ねむりたくないトム

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

ねむりたくないトム

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット