新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
つりばしわたれ

つりばしわたれ

  • 絵本
作: 長崎 源之助
絵: 鈴木 義治
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「つりばしわたれ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1976年
ISBN: 9784265907281

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

東京からきた女の子,トッコは山のつりばしがこわくてわたれない。ところがある日,やまびこがカスリの着物を着てあらわれて…。

ベストレビュー

心の中をこだましていきました

やまびこの聞こえるような山あいの村のお話です。
久しく山歩きをしたことのない私にとってはこれだけで素晴らしい設定です。
お母さんの病気のため、山に住むおばあちゃんの家に来たトッコ。
どうしても、山の友だちになじめない(友だちになろうとしたのかもしれませんが)、トッコは都会の自慢ばかりしてしまい、帰って山の子に反感を持たれてしまいました。
山の友だちと自分のあいだには谷川の上で揺れる吊り橋がかかっています。
自然の風景のようでありながら、心の中の風景のようでもあります。
山の友だちから愛想を尽かされて、ひとりぼっちになったトッコを救ってくれたのはやまびこ。
自分の声にこたえてくれるのは自分の声。
やまびこのこだまする山ほどすがすがしい清らかな山はありません。
目の前に現れた絣を着た少年はやまびこそのものでした。
少年に誘われて吊り橋を渡りきったトッコ。
少年は消えてしまいましたが、友だちと遊び合うことができました。

山の風景、少し昔のお話のようではありますが、古臭いお話ではありません。
転校生、初めて会う友だちと心うちとけるまでの吊り橋を、誰もが持っているのでしょう。澄んだ心で子どもたちの心を考えると、自分たちも山でいられるのでは…。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

鈴木 義治さんのその他の作品

赤いマントをほどいた日 新装版 / 家族 / みつばちぶんぶん / きょうのおはなしなあに 秋 / きょうのおはなしなあに 夏 / きょうのおはなしなあに 春



「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

つりばしわたれ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット