しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おにがきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おにがきた

  • 絵本
作: はた よしこ
原案: 片倉 信夫
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おにがきた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年11月
ISBN: 9784033306308

対象年齢:5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「うそをつくと鬼がおなかにとびこむのよ。」と幼稚園で先生にいわれたこうへいは、帰り道にとつぜんおなかがいたくなってきて?

ベストレビュー

どんな鬼かとおもいきや・・・

「うそをついたら鬼が口から飛び込んできて、お腹の中で大きくなってお腹が痛くなる」なんて、(保育園の先生がそんなこと言っていいのかしら?)それを気にするこうへい君は、思い当たることがあって、お腹の中もなんだか気になり始めてきました。鬼が「おおきくなーれ おおきくなーれ」って言って追いかけて来るので、急いで家に飛び込みます。お母さんは出かけていて、縁側から入ると、何かをぐにゅっと踏みつけました。それはなんと、超特大○○○!!!鬼の仕業だと思い、どかそうにもどんどん大きくなってもうダメだー!と、その時お母さんが帰ってきて・・・・・。

どんな鬼が出てくるかと思いきや、あの○○○はなんだったんでしょう?うそをついたという罪悪感、鬼がくるという恐怖感、タイミング悪くもよおしたい感じに襲われ、そういう妄想めいたものを見せたのでしょうか?我が子達はその特大○○○に過剰に反応してましたが・・・。
最後のホッとした瞬間・・・、かわいいです。
節分とはあまり関係のない鬼でした。
(ぽぽろんさん 20代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はた よしこさんのその他の作品

月夜のねこいち / うしろをみせて / そらのたべかたおしえましょう



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

おにがきた

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット