しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ぼくは おおきな くまなんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは おおきな くまなんだ

  • 絵本
作・絵: ヤーノシュ
訳: 楠田 枝里子
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,359 +税

「ぼくは おおきな くまなんだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 うちのママはおこってばかり。「さっさとスープを飲みなさい! テーブルにひじをつかないで! 足をぶらぶらさせちゃだめよ!」。そんなとき、ぼくは立ち上がって、おまじないを唱えるんだ。「ホークス ポークス ヒンウントへル……」。すると……。

みどころ

 最初のページのママの態度、思い当たるママたちもいるかもしれません。タイトル通り、大きなくまになった「ぼく」。赤い椅子を運びながら、校長先生に命令したり、自動車を運転してみたり、願望を達成していく「ぼく」の行方が気になります。苦笑を提供する出だしから、主人公の願望が描かれるそれ以降の展開は、一体何を表すのか……。大人も子どもも興味津々でページをめくることになるでしょう。ドイツを代表する児童文学者ヤーノシュの人気作品です。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

ぼくは、おまじないを唱えるだけで、大きなくまになれるんだ。なんでもできるぞ! 強いものにあこがれる子どもの心理を描いています。

ベストレビュー

変身!

2歳8ヶ月の息子が、以前同じ作家の『それゆけフェルディナント号』をすっかり気に入ったので、こちらも読んでみました。

現実世界でつまらないことがあった(この絵本ではママに叱られた)男の子が、想像の中で変身して、普段歯が立たない相手をぎゃふんと言わせてやる!というありがちな話ですが、この熊は人助けもするし、なかなか楽しい展開です。最後のガールフレンドが登場するあたりは、さすがヨーロッパと感じてしまいましたが・・。

独特の鮮やかさのある絵も素敵です。

息子はストーリーのある絵本はたくさん読みますが、まだ変身は理解できないようで、きょとんとしたままでした。もう少し大きくなってからまた試してみたいと思います。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヤーノシュさんのその他の作品

それゆけ、フェルディナント号 / ぼくがおうちでまっていたのに / ぼくがげんきにしてあげる / とらくんへのてがみ / ゆきだるまのおきゃくさま / パナマってすてきだな

楠田 枝里子さんのその他の作品

かぞえる / うさちゃんのニュース / こころのやさしいかいじゅうくん



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

ぼくは おおきな くまなんだ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット