だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ハワイの3にんぐみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハワイの3にんぐみ

  • 絵本
作: 笹尾 俊一
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ハワイの3にんぐみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784061322264

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

講談社絵本新人賞受賞作品!
1年じゅう夏の島、ハワイの小さな島でブタのカマカニ、ウマのカイリ、ヤギのアロハのなかよし3にんぐみは、まいにち浜辺で音楽をかなでつつのんびりくらしておりましたが……。

ベストレビュー

ハワイなのに方言が・・・。

ハワイのある小さな島にブタのカマカニと、ウマのカイリと、ヤギのアロハの3にんぐみが浜辺で音楽を奏でながらのんびり暮らしていました。
ある日、島の祭で、特別なブタの丸焼きをつくることになり、カマカニが連れて行かれます。
そこでヤギのアロハが助けに行きます。
アロハの歌につられて集まってきた魚を全部捕まえて祭りに差し出したのです。
お陰で、カマカニは丸焼きにならずにすみました。
次にウマのカイリが人手(馬手?)が足りないと、カウボーイに連れて行かれます。
今度はブタのカマカニが助けに行きます。
カマカニの歌声につられて集まってきた島中の鳥たちを捕まえてカウボーイに差し出したのです。
鳥たちが牛のばんをしてくれるのでカイリは暇になり帰ることが出来ました。
次は予想通りですが、ヤギのアロハが捕まりそれを助けるのはウマのカイリです。
3人は無事元通り仲良く暮らす事ができるようになりますが、思いもよらない事態が!
最後までとても楽しめる絵本でした。
本文とは別に3人の話し言葉がふきだしで書かれています。
特にこのフレーズは笑えます。
【おらたち きょうだい だろか、三にんとも あごの せんが にとるでよ】
ちなみに
ハワイ語で「カマカニ ハイリ アロハ」と続けると「風が連れ去ったたいせつなもの」という意味だそうです。


(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


笹尾 俊一さんのその他の作品

砂糖の絵本 / 肉牛の絵本 / 大輝くんのくじら



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ハワイの3にんぐみ

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット