すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぶたぶたくんのおかいもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぶたぶたくんのおかいもの

  • 絵本
作・絵: 土方 久功
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1985年2月28
ISBN: 9784834001402

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

3〜4歳 編集部おすすめ

おはなし

「ぶたぶたくん」がはじめてのおつかいにいくおはなしです。パンやさん、やおやさん、おかしやさんとまわるうちに、からすのかあこちゃんやこぐまくんが合流します。お買い物が終わったら早く戻らなきゃ...ずいぶん遠くまで来てしまったと思ったぶたぶたくんですが、戻るよりも先へ行くほうが近道だといわれ、心配しながらも進んでいくと...

ぶたぶたくんのおかいもの

みどころ

ロールプレイングゲームのような楽しさでしょうか。仲間が増えていく、かわったキャラクターが登場する、最後には町(村?)の全体地図が描かれており、ぶたぶたくんのたどった道がわかります。日本の絵本にしては一風変わったタッチの挿絵です。

出版社からの紹介

ぶたぶたくんは、おかあさんに買い物を頼まれました。子どもが買い物にいった様子が、なんとも暖かくユーモアたっぷりに描かれ、楽しい言葉がたくさん盛り込まれた魅力あふれる絵本。

この人もおすすめしています

【金柿パパ】
シュール!ナンセンス!ファニー!日本の誇る最高傑作!表紙だけ見たら絶対手に取らないたぐいの絵本だけど、楽しくてたまりません。

ベストレビュー

音読の方が絶対おもしろい!

 おかあさんにおつかいを頼まれたぶたぶたくんが、途中でばったり会ったお友達と合流しながら、おつかいを無事、成し遂げる、という話なのですが…。

 初めのページで「きみたち、」と読んだところで、なんかおもしろい話が始まる予感!と、息子がケラケラケラ…。と、笑う準備ができたところで、おつかいのときに口ずさむ軽い歌のテンポもおもしろく、早口おねえさんとゆっくりおばあさんの口調も、オーバーに読んでやるととってもうけました!そしてなんと言っても、このシュールな絵が強烈に印象に残ります(特に、パン屋のおじさん、八百屋のおねえさん…。モアイ像のような人面パンも不思議です。)息子も、ページを開けるなり「なんか、この人、変!!(ゲラゲラゲラ)」とかなり気に入っていました。

 読めるようになってから自分で黙々と読むより、声に出してよんであげた方が断然面白いと思います。子どもにはたっぷり、絵の魅力(魔力?)を味わって欲しいです。
(JOYさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


土方 久功さんのその他の作品

おおきなかぬー / ゆかいな さんぽ / おによりつよいおれまーい / ゆかいなさんぽ



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

ぶたぶたくんのおかいもの

みんなの声(158人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット