おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
アスカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アスカ

作・絵: 司 修
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アスカ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年01月
ISBN: 9784591079744

小学初級向

出版社からの紹介

阪神・淡路大震災で 一命を取り留めた女の子「アスカ」の物語。 愛の強さ、生きることの素晴らしさ、感謝する心を伝えたい。

ベストレビュー

命を掛けて、子供を守る姿

 表紙のキレイな建物の絵を見て、借りて着た絵本がこんなに、涙の物語だとは思いませんでした。
 3歳の時に、おばあちゃんの元へ来たアスカちゃん。今度、一年生になる、橋が大好きな女の子です。おばあちゃんは、橋を見ても神様、仏様、キリスト様なんでも「ありがとさん」と言うのです。
 そして、アスカちゃんは知ったのです。神戸の地震の時、パパとママは、肩を抱き合い橋を作るようにして、幼いアスカちゃんを守って亡くなったと言う事を・・・。
 そして、不思議な事に、橋が好きな女の子に成長したと。
 もう、涙が止まらなくなりました。「子供を命がけで守る」なんて言いますが、実際こうやって亡くなった人も居るんだろうなと思いました。悲しいけれど、真実の愛情を知ったような絵本でした。
(ママちゃんさん 20代・ママ 男の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

司 修さんのその他の作品

かぐ、あじわう / おじぎをしたなつめやしの木 / ラーゲルレーヴのおばあちゃん / 絵本 銀河鉄道の夜 / 雨ニモマケズ / グスコーブドリの伝記



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

アスカ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82




全ページためしよみ
年齢別絵本セット