宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かちかち山
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かちかち山

  • 絵本
絵: 尾竹国観
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かちかち山」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784061482548

B5判・48ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

正統派の昔話絵本

子供が絵本を選ぶようになると、我が家の場合、どうも「クマ」物、「ネズミ」物、かわいらし系、無条件に笑えて楽しい系に偏りがちです。確かにこれらの本は親も読んでいて楽しいのですが、時々、「いや、まてよ。他にもいろいろあるではないか」と思ってしまうのです。
そして、時々は「日本人なのだから、親指姫やシンデレラを知っているのに、桃太郎や竹取物語をしらないのは、おかしい」「こんなに大きくなったのだから、そろそろ、宮沢賢治だ」と思い立ち、正統は日本の昔話、もしくは童話をよんでやろうと思うのです。
そんな時に、てっとり速いのが、「新・講談社の絵本」シリーズです。これは、早い話が昔(昭和10年代)の絵本の復刻版です。絵もレトロで、このかちかち山は尾竹國観という、いまにも物々しい名前の画家によるものです。
かちかち山という、残酷な復讐話ですが、3歳の娘は興味を持ったようでした。ただ、おばあさんが狸に殴られる場面は飛ばしていましたが。
今の子供達が大きくなるころには、国と国の垣根は今よりももっと低くなっていることと思いますが、根っこの部分では、しっかりと日本人としてのアイデンティティを持っていてほしいと願います。そのためにも、最低の日本文化は伝えてあげたいと思います。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • おえかきずかん
    おえかきずかん
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人にも人気!かわいい動物が描ける★ズーラシアなどの動物園を運営する「横浜市緑の協会」監修



ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪

かちかち山

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット