うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ぼくの見た戦争 2003年イラク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくの見た戦争 2003年イラク

  • 絵本
作: 高橋邦典
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年12月
ISBN: 9784591079652

小学上級以上向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アメリカ軍に従軍した日本人カメラマンのノンフィクション写真絵本。イラクの人々がむきあっている戦争の現実を子どもに伝えます。

ベストレビュー

戦争をどう伝えるか

カメラマンの高橋さんが実際にアメリカ兵と同行を共にして写した写真からなっている本。
高橋さんの姿勢、疑問、生き方があとがきに書かれているので、それを読むとこの本の意味が理解できてくると思います。
写真からなる本でストーリー性のない本は、編集の仕方、写真の取り上げ方で様々に訴える意味を変えてしまいます。
戦争の残酷さ?
アメリカの正当化?
兵隊とは何か?
イラク人は悪いのか?
人が死ぬってどんなこと?
遠く離れた日本で、外国のこととして写真を見る人間には、伝わる要素は様々です。
戦争は間違いなく悲惨なものです。
では、なんでこの戦争は起こったのでしょう?
避けることはできなかったのでしょうか?

アメリカ兵もごく普通の人間だと語られます。
仕事としての義務を果たさなければ、家に帰れない?
踏絵のような従軍。
生きるか死ぬかは、運なのでしょうか。
彼らにとっての仕事が、殺人でもあるところに、言いようのない理不尽を感じます。
金のためでもなく、義務でもなく、武器も持たずに彼らと行動を共にする高橋さんを兵士たちは奇異に思ったことでしょう。
それでも、高橋さんは人間としてのアメリカ兵を写しつづけます。
人間としてのイラク兵も写します。
死体は即物的に写されます。(気を抜くことのできない戦場では、感慨にふけっているゆとりなどないのです)。
高橋さんはイラク人の生活をも写します。

イラク人は間違いなく犠牲者ですが、アメリカ兵も犠牲者かもしれない。
この写真集はメッセージの羅列です。
そして、写真家としての高橋さんの姿勢をはっきりと表示しています。
自らの命を賭して赴いた戦場。
高橋さんはこれからも写真を撮り続けると言いました。
戦場で目にした悲惨さよりも、写真で物事を伝えることにやりがいを感じているのです。

戦争をどのように伝えるかということと、戦争を見る目を学び、そして様々な人の生き方を目にしました。
できれば、このような悲惨がないところで、この本から手にしたことを体現してほしいと思います。
子どもにとって、考えるための提言のいっぱいつまった本だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高橋邦典さんのその他の作品

戦争がなかったら / 「あの日」、そして これから / 東日本大震災2011・3・11「あの日」のこと / 戦争が終わっても / 世界中の息子たちへ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ぼくの見た戦争 2003年イラク

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット