レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
クリスマスベア
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスベア

  • 絵本
作: C.W.ニコル
絵: 古山 浩一
訳: 堤 江実
出版社: アートデイズ

本体価格: ¥1,333 +税

「クリスマスベア」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

優しくって微笑ましいお話

“ぐわわわわ〜ん  ぶるるるる〜ん”
大きな大きな熊のクリスのいびき・・・。

“ピートゥイ トゥイ トゥイ−”
冬ごもり中のクリスのところに小さな鳥のささやき・・・。

下の谷にいるおばあさんが寒さと食べ物がなくなって、死にそうだというのです。
さぁ大変!
熊のクリスはサンタクロースの格好をし、蒔きと蜂蜜を持っておばあさんのところへ駆けつけます。

おばあさんのベッドにもぐりこみ暖かい毛皮で暖めはじめます。
おばあさんびっくりしないかなぁ・・・。
そんな心配は無用でした。
体も心も冷え切っていたおばあさんは、突然入ってきた優しくてフアフアの毛皮に身をすりよせとても幸せな気持ちになるのです。
それはまるで亡くなったおじいさんのように、毛むくじゃらで大きな体だったからです。
そしておじいさんの夢をみます。
まるでおじいさんが帰ってきたみたいに・・・。

クリスマスの朝おばあさんは元気になります。

そしてまた大いびきをかきながら、暖かいはるを待つのでした。

森を愛するニコルさんの心暖まるお話です。

いびきと毛むくじゃらが我が家のパパに似ていて、子供たちはとっても優しい熊とパパを重ねあわしているようでした!





(しまふくろうさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


C.W.ニコルさんのその他の作品

英日CD付2ヶ国語絵本 妖精のめ牛 The Fairy Cow / しっぽ / 小さな反逆者 / 英日絵本 国生み The Birth of Land  / 英日絵本 ドゥリトル先生海をゆく The Voyages Of Doctor Dolittle

古山 浩一さんのその他の作品

美術たんけん隊 天才ピカソのひみつ / ありありまあまあ

堤 江実さんのその他の作品

ながれ星のリリリ / アナウンサーになろう! / ルナ おつきさんの おそうじや / あ、きこえたよ / ここに学校をつくろう! / 神さまって、なぁに? すべての子どもたちへ



飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

クリスマスベア

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット