宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
カングル・ワングルのぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カングル・ワングルのぼうし

  • 絵本
作: エドワード・リア
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: 新倉 俊一
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1975年
ISBN: 9784593500093

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

ナンセンス絵本の楽しさ

 作者のエドワード・リアは,ナンセンス詩人として有名だそうですが,この絵本も奇想天外なお話です。
 
 クランペティの木の上住んでいるカングル・ワングルは,いつも大きな毛皮の帽子をかぶっています。
 その木を訪ねてくる動物が,本当に面白い。最初は,コウノトリやあひるなどよく知っている動物なのですが,次第に「フラフラ鳥」「きらきらお鼻のドンク」等不思議な動物が登場します。
 元々ナンセンスなので,動物の名前に意味はないと思うのですが,オクセンバリーが描いた動物は,鮮やかな色彩で,その動物の不思議さがよく表現されていると思います。また,文章もリズミカルで,声に出して読むと,とても心地よい気持ちになります。

 カングル・ワングルは,何故こんな大きな帽子を持っているのか?何故最後まで顔を見せないのか?・・・
 少し考えましたが,結局この絵本は単純に子供と一緒に楽しめばいいんだと思い直しました。
(ウルトラのぱぱさん 40代・パパ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エドワード・リアさんのその他の作品

リアさんって人、とっても愉快! エドワード・リア ナンセンス詩の世界 / 輝ける鼻のどんぐ / ジャンブリーズ / たわごと師たち / みみずくとねこのミミー

ヘレン・オクセンバリーさんのその他の作品

ウサギのすあなにいるのはだあれ? / ゆめみるじかんよこどもたち / 英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / ジャック船長とちびっこかいぞく / 大きくなるってこんなこと! / そとごはん



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

カングル・ワングルのぼうし

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18




全ページためしよみ
年齢別絵本セット