宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
いいね いいね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いいね いいね

作・絵: こみ まさやす
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,117 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いいね いいね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

山の頂上に住んでいるてんぐどんと、山のふもとに住んでいるかっぱどんは、とてもなかよしでした。かっぱどんは・手のびの術・を使って山へお手紙を届けることにします。

ベストレビュー

伸びる手欲しい〜。

山の上に住むてんぐどんと、ふもとに住むかっぱどんは友達。かっぱどんが手紙を書き、てんぐどんに届けるのだがその方法がいい!!頭の皿をなでると手が伸びちゃう。てんぐどんが返事をその手のひらに書くのも面白い。そのあとのオチもわかりやすくてよかったです。4〜5歳からとなっていましたが、3歳の息子に何度もせがまれるほど読みました。手がぐにゅぐにゅとどこまでも伸びていくのが好きみたいです。
(とも♪さん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こみ まさやすさんのその他の作品

おしっこ しょうぼうたい / 子どもとよむ日本の昔ばなし23 はなたかおうぎ / 偕成社 新おはなし文庫2年(1) イソップどうわ二年生 / 5ひきのこぶたビービーブゥ!



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

いいね いいね

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット