虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
えっちゃんのなまえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えっちゃんのなまえ

作: 赤座憲久
絵: 藤田三歩
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

「えっちゃんのなまえ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

出版社からの紹介

入園間近のえっちゃんは、幼稚園へ持っていく持ち物に書いてもらった名前から、自分の本当の名前が「中山えつ子」と知るのです。

ベストレビュー

子供にとっての名前のイメージが…。

すごくかわいらしくて、子供の側に立って「名前」って、こんな感じって、伝えてくれる絵本でした。
この絵本の主人公えっちゃんは、幼稚園を入園を前に自分の本名が「なかやまえつこ」だということを、お母さんに聞かされます。
普段家族中からニックネームで呼ばれている子供にとって、幼稚園入園の頃は、自分につけられた名前というものを初めて実感する時ですよね?
(絵本にも出てくるけど、出席をとる時、ちゃんとフルネームで呼ばれるのが一般的ですから)
そして、お友だちののんちゃんやけんちゃんやみっちゃんたちにも、ちゃんと名前があることを知ります。
不思議と、あだ名で呼んでいる時はやんちゃで泣き虫なお友達が、フルネームで呼んで見ると、きりっと立派な幼稚園児に思えてくるえっちゃんなのでした。
うちの下の子ももうすぐ幼稚園(何度も書き込んじゃってすみません)。この絵本は気に入って何度もせがまれました。
そして、読み終わると、自分の名前を「えっちゃん」みたいに何度も口に出していました。
入園前のお子さんには特にお薦めです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

赤座憲久さんのその他の作品

マブニのアンマー おきなわの母 / 波照間からの旅立ち / たのむよ、盲導犬イエラ / ぼくは盲導犬のサポーター! / さいたさいた百十郎桜 / 盲導犬になれなかったジョリー

藤田三歩さんのその他の作品

絵本わらべうた



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

えっちゃんのなまえ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット