もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
桃太郎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

桃太郎

  • 絵本
絵: 齋藤五百枝
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「桃太郎」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784061482531

B5判・48ページ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

とにかく絵がきれいです

新・講談社の絵本の中の1冊です。

表紙を飾るのは日本画のこれぞ「桃太郎」というイメージの青年です。中の挿絵も丁寧に描かれていて一見の価値があります。昔の人の暮らしの様子が生き生きと伝わってくるのです。

この本にはまったのは3歳の娘でした。木のたらいや桃太郎の刀や鬼の金棒など、何?何?何?の連続で、何度も何度も読まされました。また、「お腰(につけたきびだんご)」「きびだんご」「(船の)舵」「おともします」など、普段全く耳にしない言葉に、何?何?何?してました。

11歳の息子は「この家はお金持ちだ思うよ、だって、鎧兜や立派な刀を買ってあげられるんだから。だけど、おかしいよね、毎日柴刈りに行かなくちゃならないのに、なんでお金があるんだろう」と不思議がっていました。そのへんの種明かしは解説に詳しく書いてあります。また、家来だけが船をこいでいて桃太郎が何もしないですわっているのは怠慢だ。あ、宝を運ぶ所でも仕事をしていない。と、現代っ子の感想をもらしていました。
私は、そんな二人の反応を楽しんでおりました。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

桃太郎

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット