あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ラウラとふしぎなたまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラウラとふしぎなたまご

作・絵: ビネッテ・シュレーダー
訳: ささき たづこ
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「ラウラとふしぎなたまご」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784001108569

幼・小学1,2年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある朝,女の子ラウラは窓のそとの森で,小さく光るものを見つけます.それはたまごのハンプティ・ダンプティでした.いっしょに楽しく遊んだあと,やがて暗くて恐ろしい夜がやってきます−深い森でおきる不思議なできごとが,静かにあたたかく描かれた幻想的な絵本.シュレーダーの久々の新作.

ベストレビュー

不思議なハンプティダンプティ

確かふしぎの国のアリスに出てきたんじゃないかしら?
たまごに手足が生えている【ハンプティ・ダンプティ】。
だからそれを知らないと、たまごを見つけた女の子の台詞が意味がわかんない・・・そんな印象を受けると思います。
ストーリーもふしぎの国のアリスのような、とってもふしぎな感じのお話でした。
最後の最後にたまごが割れて死んでしまったと思ったら
大きな鳥になったという展開は面白かったですね。
苦難を乗り越え成長した姿をえがいたんじゃないかな、そう思いました。
難ありと感じたのは、絵の背景が黒っぽい色が多く、おまけに文字が黒いこと。
こうなると30代後半の私には見づらかったですね。
残念ながら読み聞かせをする為には完璧に暗記が必要です。


(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビネッテ・シュレーダーさんのその他の作品

影の縫製機 / 美女と野獣 / 満月の夜の伝説 / グリム童話 かえるの王さま / ほらふき男爵の冒険 / わにくん

ささき たづこさんのその他の作品

おばあちゃんがいなくなっても… / はっぱをつかまえて! / イギリス民話 3びきのくま 新装版 / キッカーズ!(6) めざせ、優勝だ! / キッカーズ!(5) 練習場が見つからない / キッカーズ!(4) 仲間われの危機



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

ラウラとふしぎなたまご

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット