すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くらーいくらいおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くらーいくらいおはなし

作・絵: ルース・ブラウン
訳: 深町真理子
出版社: 佑学社

本体価格: ¥1,200 +税

「くらーいくらいおはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年09月
ISBN: 9784841605181

ベストレビュー

おはなし会の定番絵本

おはなし会の定番絵本だそう。

だんだん だんだん 来る来る来るーっ。この恐怖。初めて読んだとき、ラストの1ページにブブッ。
これは娘と楽しみたいと、自信たっぷりに「さぁ読むで」と始めました。
興味のない娘と読みましたが、だんだんこちらを向き、読後は自分で手に取って見返していました。
そして私では見つけられなかった隠し絵を教えてくれました。
カーテンはもちろん、森の中には多くの動物の目が光っています。家の中でも随所になにかが潜んでいます。木目が目になっていたり、いつも誰かに見られているつけられている感じが恐さを増します。
この絵本、よく出来てる。
ラストは、黒猫目線だからあぁいう表情なのですね。

娘は光の漏れた穴に見えたようで、恐怖の地下室へのはしごがあると思ったのですって。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子12歳)

出版社おすすめ


深町 真理子さんのその他の作品

偕成社文庫 ABC殺人事件 / アガサ=クリスティ推理・探偵小説集(2)



『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

くらーいくらいおはなし

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット