あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜

  • 絵本
作: バーバラ・ケアリー
絵: ブライアン・セルズニック
訳: 千葉 茂樹
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年02月
ISBN: 9784895726337

対象:小学校中学年から

出版社からの紹介

19世紀のイギリスで、そしてアメリカで、「恐竜ブーム」を巻き起こした男がいた。その男の名は、ウォーターハウス・ホーキンズ。恐竜がどのような姿をしているのか、科学者でさえ知り得なかった時代に、化石のかけらひとつから、巨大な模型を作り上げた奇跡の天才芸術家、ウォーターハウス・ホーキンズの知られざる生涯が、いま明かされる!詳細な取材でつづるノンフィクション絵本。

ベストレビュー

恐竜の模型を依頼された男の話。

この絵本は19世紀のロンドンで、恐竜に魅せられた1人の男性の、生涯をかけた想いを描いた作品です。
当時は、恐竜の化石の発掘はかなり行われていたものの、まだ、その姿を再現するに入っておらず、この絵本の主人公「ウォーターハウス・ホーキンズ」こそ、その姿を依頼され模型を作った人だったのです。
我が家の上の子が恐竜ファンなので、喜ぶかなぁと、図書館で借りてきたのですが、小学校低学年には、まだ少し内容が難しかったようです。
もう少し大きくなったら、またチャレンジさせてみたい絵本ですね。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブライアン・セルズニックさんのその他の作品

マリアンは歌う / アナベル・ドールとちっちゃなティリー / ユゴーの不思議な発明 / アナベル・ドールと世界一いじのわるいお人形 / アナベル・ドールの冒険

千葉 茂樹さんのその他の作品

スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流 / もしも地球がひとつのリンゴだったら / 最後のゲーム / ポー 黒猫 / ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット