モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
おしゃべりなニンジン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしゃべりなニンジン

作: ジャン・マーク
絵: トニー・ロス
訳: たなか かおるこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「おしゃべりなニンジン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

野菜が喋らなくなったわけ・・

「昔は野菜も言葉を喋っていたよ。
知らなかったかい。
野菜がどうして喋らなくなったか、話してあげよう。」
こんな風に始まるお話です。
昔あるところに、緑がいっぱいのくぼ地の垣根をへだてて
片側にはうさぎ達が静かに暮らしていました。
そして、もう片側には野菜畑があり、ニンジンが遊んでばかりいました。
ある日、おしゃべりなニンジンがうさぎの悪口を言い始めました。
初めは辛抱していたうさぎ達ですが、とうとう怒りが爆発!
それからなんです、うさぎがニンジンを食べるようになったのは。
悲惨なニンジンの姿を見て他の野菜たちは「口は災いの元」と
何も喋らなくなったということです。

最後のページでちょっと意味がわからない
・・アメリカンジョーク?・・・がありました。
「でもそれは、船乗りだって言う片目のひつじに聞いたんでね、
ほんとかどうかは知らないよ」
というところなんですが、深い意味があるんでしょうか?
どなたか教えてください。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャン・マークさんのその他の作品

あそぼうよったらおやゆびさん

トニー・ロスさんのその他の作品

ペットのきんぎょが おならをしたら……? / お手紙レッスン / シイイイッ! / 最後の宇宙決戦 / 恐怖のタイムマシン旅行 / 魔法のパワーハット

たなか かおるこさんのその他の作品

じゃーん! / ぞうって、こまっちゃう / ジャムおじゃま



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

おしゃべりなニンジン

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット