しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
まほうのこぐま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まほうのこぐま

  • 絵本
作: ペネロープ・リベリー
絵: ジャン・オーメッド
訳: 片山 令子
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あるひ、ジョーがめをさますと、ベットのそばににひきのこぐまがいました。幼い男の子の空想の世界をおさえた筆致で描いた絵本。

ベストレビュー

大切にしてやりたい空想の時間

ぼくに見えるぼくだけのお友だち。

それは二匹の魔法のこぐまなんです。こぐまたちと一緒なら、木にも登れちゃうし、そんなことできないだろうということもできるのです。

この絵本、眺めているだけよりも、声に出してみた方が断然良さがわかります。
眠る前の一冊としてもお勧めです。

読み聞かせの所要時間は4分35秒でした。親子で読むなら、絵をじっくり見るので、もっと時間をかけてもいいなあと思います。

所々、コマ割りになった絵のところがあるので、集団での読み聞かせに向かない本として、手にとられないのならもったいないと思います。

お母さんやお父さんの優しい声で語ってあげてほしいなと思える本です。

図書館では閉架だったのがもったいない。

子どもって、時として空想を作り上げて架空のお友だちと遊ぶようなことができますね。私も子どもの頃にこんな風にして遊んでいたのかも。

子どもが静かに遊んでいる時があったら、時には話しかけないで、そのままそっとしておいてやりたいなと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


片山 令子さんのその他の作品

はるのおとがきこえるよ / ようふくなおしのモモーヌ / ちいさなともだち / マルマくん かえるになる / とくんとくん / ねむねむくんとねむねむさん



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

まほうのこぐま

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット