サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。
【ノラネコぐんだんグッズがいっぱい!】kodomoe shop in EhonNaviがオープン♪
グースにあった日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

グースにあった日

作: キャリ・ベスト
絵: ホリー・ミード
訳: まえざわ あきえ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「グースにあった日」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年11月
ISBN: 9784834019025

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

片足のちぎれたグースにあった少女は思います。「一本足で、どうやって生きていくんだろう」。障害を持つ渡り鳥とふれあった自らの体験をもとに描いています。

ベストレビュー

心に残るお話

お父さんの「にんげんだっておなじだよ。じぶんのよわさをのりこえて、生きていく力がいるんだ。あのグースにも強くなってもらおうね」という言葉が心に残りました。

それを聞いた子どもの頃の作者がグースが強くなるために、自分ができることや両親からされて嬉しかったことをグースにもしてやるところが健気で子どもらしくかわいく感じました。

読んだこともなくこの絵本の存在も知らなかったので、最近の本かと思って読んだのですが、2003年の本で、心に残るいいお話なのに、どうして今まで知らなかったのかしら?と不思議に思うぐらいで。

読み聞かせると13分ぐらいなので、集団での読み聞かせだと、ちょっと尻込みされちゃうのかなと思うと残念ですが、家族で読んでも楽しいと思うのでぜひ手に取ってほしいなあと思いました。

実話だそうですが、特に最後が本当によかったと思えました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キャリ・ベストさんのその他の作品

ママのとしょかん

ホリー・ミードさんのその他の作品

しーっ!ぼうやがおひるねしているの

まえざわ あきえさんのその他の作品

きかんしゃリトル はじめてのぼうけん / スケートにいこうよ / ピンクだいすき! / ねこたちのてんごく / どうぶつこうむてん こうじちゅう / ほら、ぼく ペンギンだよ



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

グースにあった日

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット