だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ぼくはおおかみだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはおおかみだ

作・絵: クロード・ブージョン
訳: 末松 氷海子
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

「ぼくはおおかみだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

先入観はダメ

自分がおおかみであることを知らない子どもおおかみがいました。
だんだん大きくなるにつれて、今までいつも一緒に遊んでいた友達がオオカミに近寄らなくなります。
オオカミは怖いんだよ・・そんな情報を得るんですね。
子どもおおかみは自分の顔を見て、この怖い顔が原因なんだ!
とやけになり、わざとみんなを怖がらせたりしました。

確か大阪の何かの保育の研究でこの絵本が教材に使われたということを聞いたことがあります。
多分、このくだりの部分が普段子ども達が生活している中で
姿が重なる部分があるんでしょうね。
乱暴だ!怖い!と誰かが言うから、みんながそう思う。
そう思われた子はそうだ!ぼくは強いんだ!と威張るようになる・・
子ども間だけの問題ではなく、保護者の間でもそういう目で子どもを見るようになる・・。

親も、先生も、友達も、子どものいいところがいっぱい見えるようにしたいですね。

(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

出版社おすすめ


クロード・ブージョンさんのその他の作品

こうさぎジャノがさらわれた / ほんとに本はやくにたつ / べろだしぼうや / ハガネの歯

末松 氷海子さんのその他の作品

十五少年漂流記 ながい夏休み / うんてんしてるの、だあれ? / あたしが部屋から出ないわけ / ペロー昔話・寓話集 / なんでもただ会社 / くまのサーシャはなくしやさん



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

ぼくはおおかみだ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット