新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ぼくはおおかみだ

ぼくはおおかみだ

作・絵: クロード・ブージョン
訳: 末松 氷海子
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,282

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1985年
ISBN: 9784579402229

ベストレビュー

先入観はダメ

自分がおおかみであることを知らない子どもおおかみがいました。
だんだん大きくなるにつれて、今までいつも一緒に遊んでいた友達がオオカミに近寄らなくなります。
オオカミは怖いんだよ・・そんな情報を得るんですね。
子どもおおかみは自分の顔を見て、この怖い顔が原因なんだ!
とやけになり、わざとみんなを怖がらせたりしました。

確か大阪の何かの保育の研究でこの絵本が教材に使われたということを聞いたことがあります。
多分、このくだりの部分が普段子ども達が生活している中で
姿が重なる部分があるんでしょうね。
乱暴だ!怖い!と誰かが言うから、みんながそう思う。
そう思われた子はそうだ!ぼくは強いんだ!と威張るようになる・・
子ども間だけの問題ではなく、保護者の間でもそういう目で子どもを見るようになる・・。

親も、先生も、友達も、子どものいいところがいっぱい見えるようにしたいですね。

(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

関連記事

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ぼくはおおかみだ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら