もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
人魚姫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

人魚姫

  • 絵本
作: アンデルセン
絵: ラズロ・ガル
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「人魚姫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年
ISBN: 9784593501960

ベストレビュー

絵画的で素晴らしいイラストです!

このハンス・クリスチャン・アンデルセンの『人魚姫』は、誰もが知っているお話ですね。
私は、ラズロ・ガルさんの描かれた人魚姫が、あまりにも美しく、繊細でありながら、波しぶきや泡の迫力に惹かれて選ばせて頂きました。
ガル氏は、それぞれ自分の娘と母親をモデルにして、人魚姫とそのお婆様を描かれたそうです。ガル氏のこの作品に寄せる思い入れが伺える作品です。

この1冊は、原作をほとんど省略していない作品ですので、読み応えがあり、一般的に人魚姫は、泡になってしまう事で終わってしまうと思うのですが、この作品では、人魚姫は空気の精となります。
6人の人魚の中で1番可愛らしく、美声を持った人魚姫でしたが、人間の王子に恋をし、家族を捨て、危険を冒し、美声までも代償として魔女に渡してしまいましたね。何度読んでも、悲しいお話です。
 残酷ではございますが、最後に人魚姫は王子の愛よりも大切なもの静かな至福さえも感じられるモノを手に入れることになりました。
無償の愛をうたいあげたアンデルセンの不朽の名作を、気鋭の画家ラズロ・ガルが憂いをおびた美しい画面に結晶させています♪
とても素敵な1冊ですので、人魚姫がお好きな方には、是非!お薦めですし、観賞用としても素晴らしい作品だと思われます。
(梨華さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / にんぎょひめ / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

人魚姫

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット