しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぽんぽのいたいくまさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぽんぽのいたいくまさん

作: 松谷 みよ子
絵: 武田 美穂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぽんぽのいたいくまさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784062610582

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

名作童話『ちいさいモモちゃん』の絵本版。
ある晩、モモちゃんのベッドに、「いれて。」って、くまさんがはいってきました。くまさんは風邪をひいているみたい。モモちゃんの甘いお薬でなおるでしょうか?

ベストレビュー

お薬が飲みたい

ももちゃんのぬいぐるみのくまさんが病気になってしまうお話です。
どうも薬飲みたさの仮病のようなのですが
その様子が、子供の心を的確に描いています。
薬や注射は体験で、苦い痛い理解して嫌いになるもの。
めったに病気をせず、薬の体験のないわが娘も
たまに私が薬を飲んでいると、目を輝かせて
「何飲んでるの?」と聞き、「大きくなったら飲みたい」といいます。

ぬいぐるみの病気という設定に、
いやな顔ひとつせず付き合うお母さんもすばらしい。
でも、病気の時はよく食べて暖かくして寝るのが一番。
そんなオチまで導いてくれるような暖かい一冊です。
(やこちんさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

武田 美穂さんのその他の作品

たいふうのひ / おさるのこうすけ / しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ / 憲法くん / かみなり どん / ぼくのきんぎょをやつらがねらう!



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

ぽんぽのいたいくまさん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット