雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ちゃっかりこぞうは、まるもうけ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちゃっかりこぞうは、まるもうけ?

作: マキラー・ドイル
絵: ジェーン・レイ
訳: きむら みか
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちゃっかりこぞうは、まるもうけ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784198615963

5歳から

出版社からの紹介

道ばたでひろった豆をきっかけに、勝手なおきてを作り、豆でニワトリ、ニワトリでぶた…と、ほしいものを次々手に入れていくちゃっかりこぞう。でも、世の中ってそんなに甘くない。最後に笑うのはだーれだ? 美しい絵と、どんでん返しが楽しい、声に出して読んで欲しい一冊。

ベストレビュー

まめが、ロバに

 ある日、ちゃっかりこぞうが、まめをひろう。「ちょっと この まめ みててくれませんか。」とおばあさんにまめを預けるところからはじまる。おばあさんの家のにわとりがまめを食べてしまったので、まめを返してもらうかわりに、にわとりを自分のものにしてしまう。こんな調子で、にわとりから豚に、最後にはロバを自分のものにしてしまうが、そんなにうまくはいかない。村人たちにとっちめられるちゃっかりこぞう。しょんぼりするけど、また、まめをみつけ、ごきげんになる。
 もう少し、反省して欲しいのですが、懲りないこぞうです。
 絵がきれいな作品です。
(サンフラワーさん 30代・その他の方 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジェーン・レイさんのその他の作品

幸福の王子 / サーカスの少年と鳥になった女の子 / リンゴのたねをまいた おひめさま / 白雪姫 / 絵巻物語フェアリーテイル / 遠くからみると

きむら みかさんのその他の作品

モーツァルトくん、あ・そ・ぼ! / たこのだっこはてとてとて



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

ちゃっかりこぞうは、まるもうけ?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット