新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ピーボディ先生のりんご

ピーボディ先生のりんご

  • 絵本
作: マドンナ
絵: ローレン・ロング
訳: 村上 由佳
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,090

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784834250473

関連
イングリッシュ ローズィズ
(マドンナの絵本)

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『イングリッシュローズィズ』に続くマドンナの絵本第2弾! 噂が元で壊れかけた信頼関係。それを心と態度で取り戻していく教師と子どもをあたたかく描いた物語。訳者は直木賞作家の村山由佳!

(あらすじ)
アメリカの田舎町、ハップヴィルの小学校教師、ピーボディ先生は、リトルリーグのコーチをつとめる町の人気者。ある日彼は、町の人たちの態度が急に変わったことを感じる。慕っていた少年達も姿を消した。その原因に気づいたとき、彼は誰にもできない方法で、少年たちにある教えを残すことを決心する。

(著者マドンナのことば)
この本のテーマは、『言葉の力』と、他人を傷つけることのないように注意深く、言葉を選ぶにはどうすればよいのかということです。ひとりの教師が主人公であるこの作品を世界中の先生たちにささげたいと思います。

(訳者村上由佳さんのことば)
強い者ばかりが弱者を傷つけるわけではなくて、私たちは誰もが、ふとした瞬間に、加害者になりうる−−
そのことをマドンナは良く知っているのだと思います。
それなりに長く生きてきた人ならば、きっと一度くらいは、<取り返しのつかないひと言>への後悔と痛みを噛みしめたことがあるはず。
そういう意味において、この物語は、子供たちよりもむしろ大人の胸にこそ沁みるのではないでしょうか。

ベストレビュー

一度出た言葉は戻すことができない

マドンナ作の絵本の1冊目『イングリッシュローズィズ』が面白かったので、2冊目のこちらも読みたいと思いました。
前作とはまた違った味わいの物語。
一度出た言葉は戻すことができないということを、痛烈に教えてくれる内容でした。
ネット社会の今、特に必要な教えかもしれません。
「あわてて人を判断してはいけないよ」というピーボディ先生の言葉にハッとしました。
訳者の村山由佳さんのおっしゃっている通り、「子どもたちよりもむしろ大人の胸にこそしみる」絵本だなと思います。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子14歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

マドンナさんのその他の作品

イングリッシュローズィズ 2 / オカネ・モッチャが見つけたしあわせ / アブディーの冒険物語 / ヤコブと七人の悪党 / イングリッシュ ローズィズ

ローレン・ロングさんのその他の作品

おはよう おやすみ ぼくの せかい / LOVE すべては あなたの なかに / ちっちゃな木のおはなし / チーロの歌 / きみたちにおくるうた むすめたちへの手紙 / ちびっこ きかんしゃ だいじょうぶ

村上 由佳さんのその他の作品

さいごの恐竜 ティラン


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学、その他 > ピーボディ先生のりんご

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ピーボディ先生のりんご

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット