ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
たいへんたいへんたいへんだー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいへんたいへんたいへんだー

作: 大川 悦生
絵: 梅田 俊作
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784591016664

幼児〜小学初級向

出版社からの紹介

きこりのじいさまは、きょうこそあの山一番の大きな木を切ろうと、大きなむすびを三つもって山にやってきました。ところが・・・。

ベストレビュー

絵も言葉もあたたかい♪

子どもが初めて出会う民話シリーズの中の一冊です。
語り口調が優しく、とても温かみがあります。
方言というか、民話独特のなまりのある言葉が使われていますが、とってもわかりやすいです。

きこりのじいさまがうっかり木のてっぺんにおむすびを結わえ付けたまま木を切り始めました。
あと一息で切り倒せるという時にそのことに気がつきます。
「こりゃ たいへんだー」と叫びます。
その声にクマの夫婦が驚き、慌てて鹿のところにとんで行き、
「きこりのじいさまがしくじって たいへんだたいへんだー!」と教えます。
それに鹿の親子が驚いて、いのししのところへ・・・。
「たいへんだー」の連鎖が始まります。

子ども達が大好きな連鎖のパターンと、楽しい展開で
読み聞かせにピッタリ♪
季節の設定が秋〜初冬なので、その頃に読んであげるのがいいかもしれないですね。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大川 悦生さんのその他の作品

ポプラ文庫 おかあさんの木 / ポプラポケット文庫 おかあさんの木 / 日本むかし話(7) したきりすずめ / 日本むかし話(4) かさじぞう / 山のかあさんと16ぴきのねずみ / アオギリよ芽をだせ 被爆した広島の木

梅田 俊作さんのその他の作品

つきよのたけとんぼ / タイヨオ / うわさごと / 紙芝居 おこうおばさんの平和のいのり / みんなかわいい / 紙芝居 コスモスあげる



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

たいへんたいへんたいへんだー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット