サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
もうぜったいうさちゃんってよばないで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もうぜったいうさちゃんってよばないで

  • 絵本
作・絵: G・ソロタレフ
訳: すえまつ ひみこ
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もうぜったいうさちゃんってよばないで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年04月
ISBN: 9784897847788

A4判 32頁

出版社からの紹介

いつも「うさちゃん」と、かわいく呼ばれている「ジャン・ニンジンスキー」は「うさちゃん」と呼ばれることにうんざりしていました。「きっとワルになれば、そんなふうに呼ばれないだろう」と、ジャンは決意。いろいろなワルを繰り返し、最後には…

ベストレビュー

子供の心の叫びを描いた深い本!

「うさちゃん」という愛称でなく、周囲の大人たちに
本名の「ジャン」と呼んでほしい主人公。
「うさちゃん」と呼ばれなくなるために悪い自分を
アピールしようと、銀行強盗をしでかします。
警察につかまり、報道され、「こんなはずじゃなかったのに」と
涙します。
ただ子供扱いされたくない、自分を認めてほしい、と思っただけなんです。

子供がいたずらしたり、親や先生に逆らったり、
友達に意地したりするとつい頭ごなしに叱ってしまうけど、
本当は子供なりの自己主張なのかもしれません。
思春期に非行に走って補導される少年少女たちも、
ジャンのように泣いているかもしれません。
子供が悪いことをした時、心の奥にある葛藤を
理解してあげなければと考えさせられます。
(みどみさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


G・ソロタレフさんのその他の作品

ノエルのひみつ

すえまつ ひみこさんのその他の作品

アリスのふしぎな夢 ―新装版―



やんちゃなデイビッドはママにおこられてばかり!でもね…

もうぜったいうさちゃんってよばないで

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット