だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
よなかのころわん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よなかのころわん

  • 絵本
作: 間所 ひさこ
絵: 黒井 健
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年05月
ISBN: 9784893254726

2,3歳から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ころわんシリーズ。明るい月の光に誘われて、ころわんはちょっとだけ夜中のお散歩にでかけました。いつも通る道なのに、不思議な感じで…。

ベストレビュー

夜中のお散歩

夏の夜、ころわんがふっと目を覚ますと、おかあさんが外でお花を見ています。一緒に夢の花を見たころわんは眠気が飛んでいって、夜中のお散歩に出かけました。

夏の夜咲いて、朝にはしぼんでしまう夢の花って、宵待草かな?(待宵草?)なんだかロマンチックです。
夜中のお散歩は、昼間と同じ道でも違ったように見えて、ころわんのドキドキワクワクが伝わってきます。でも、ちょっぴり怖くて、何かの気配に力いっぱい「うう・・・わん!」って言ってるところがすごくかわいい!
次の朝はお寝坊さんだったけど、たまにはゆっくりでいいのよ、っていうおかあさんがとてもあたたかく感じました。
(ぽぽろんさん 20代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


間所 ひさこさんのその他の作品

あきいろのころわん / しあわせなおうじ / げんこつやまがあったとさ / ころわんどっきどき / 10ぴきのかえるのあきまつり / 紙芝居 じゃがいもへんしーん!

黒井 健さんのその他の作品

みどりのはしご / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道 / なかないで なかないで / 戦争と平和のものがたり(3) おはじきの木



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

よなかのころわん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18




全ページためしよみ
年齢別絵本セット