庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
ちえちゃんの卒業式
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちえちゃんの卒業式

  • 絵本
作・絵: 星川ひろ子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ちえちゃんの卒業式」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784097272564

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

予定より3か月も早く生まれた超未熟児ちえちゃんが小学校に入学し、さまざまな壁を乗り越えて卒業式を迎えるまでを追った感動のストーリー。
 『となりのしげちゃん』に続く、星川ひろこ氏の写真ストーリー絵本。予定より3か月も早く産まれ、小学4年生までお母さんと一緒に登校せざるをえなかったちえちゃんが迎えた卒業式。感動させられる絵本です。

ベストレビュー

6年生に読みましたY 「ともだち」@

卒業式を1カ月後にひかえた6年生への読み聞かせの第6回目は,
卒業近くなったら必ず読もうと決めていた,この「ちえちゃんの卒業式」と,
谷川俊太郎・和田誠コンビの「ともだち」を選びました。

今回のテーマは「ともだち」。
この絵本を初めて読んだ時,一番感動し涙したのは,
友達がちえちゃんのことを書いた作文です。

縄跳びの難しい技ができなくて,練習が嫌になってきている女の子,,,
のとなりで,不自由な体を一生懸命動かして,
8の字書き(縄跳びの簡単な技)を汗だくで練習しているちえちゃん。
「あー,もうできない!」と女の子が叫ぶと,
ちえちゃんがすかさず,「がんばってね!」と汗に光る顔をむけて
友達に声をかける。。。体全部が熱くなるほど,練習に打ち込む二人。
「けっきょく,わざはできなかったけれど,
 ちえちゃんのおかげで,がんばる勇気をもつことができました。」

ここに障害の障壁はありません。
ただ一生懸命生きている友達を尊敬し,
自分も一生懸命生きようとする…
真の「友情」って,こういうことを言うのでしょうね。

この作文のページにある写真が,すごくいいんです。
ちえちゃんを入れた それぞれに個性的な4人の女の子が
(それも6年生の時期の女の子って,体格にすごく差があって,
まるで同じ学年に見えなかったりすることがあるんです)
ほんとにいい笑顔で,仲良く話をしている写真。
目の前にいる6年生の子供たちとダブって見えて
そして,遠い日の自分が,小学6年生だった時の友達の顔も
だぶって見えてくるような写真です。

写真絵本は,初めて持って行ったので,
子供たちは最初,物珍しさで見ていたようですが,
お話が進むにつれ,
自分と同じ年のちえちゃんに,気持ちを寄せていってくれたようです。
ちえちゃんがひとりぼっちで悲しむ場面では,眉根を寄せ,
笑っているちえちゃんを見て,にっこりとしてくれました。

後ろの方で担任の先生がいつも見ていてくださるのですが,
この本を読み終わったら,その先生が一番大きな拍手をしてくださいました。
その顔を見てみると,目が真っ赤!
後で聞いたら
「・・・泣きました・・・」
巣立つ子を見送る方が,涙は多いものですよね((T_T))

続けて,テーマそのもの「ともだち」を読みました。
(あんぴかさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


星川ひろ子さんのその他の作品

あかちゃんが教室にきたよ / ぼくじょうにきてね / みえないって、どんなこと? / バリアフリーの本(3) 耳に障害のある子といっしょに / バリアフリーの本(8) 重い障害のある子といっしょに / となりのしげちゃん



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ちえちゃんの卒業式

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット