しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
じゃんけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じゃんけん

作・絵: むらいきくこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「じゃんけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年3月
ISBN: 9784265034925

幼児から

出版社からの紹介

ぼくはじゃんけんがよわい。それなのにおかあさんはいつもじゃんけんできめるんだ。でもきょうはぜったい負けられない。だって、ぼくのだいすきないちごのケーキなんだ!

ベストレビュー

いざ、じゃんけんでいちごのケーキ争奪戦!

頭の中でぐー、ちょき、ぱーの今日の強さを見定め、
兄妹とのケーキ争奪戦に葛藤する男の子。
実況中継のように詳しく語られる、その胸の内が面白かったです。

私、じゃんけんって、実はフェアじゃないと思うのです。
本当に不思議なんですが、私も息子もめっちゃくちゃ弱いので・・・。
このお話でも、お母さんに「じゃんけん以外の方法を考えてあげたら?」と思ったりもしたけれど、
色々工夫してごらん、とか
負けて悔しい気持ちも体験しながら大きくおなり、とかって気持ちもあるのかしら?
このお家、なんだかんだいい雰囲気で、戦いの後は和みました。

我が家は2人兄弟なので、1つのおやつは半分ずつですが、
「負けたくない」がきっかけで始まる兄弟ゲンカの多いこと。
つい「やめなさーい」って止めてしまいますが
こんなお話を読むと、怪我さえなければ「ライバルがいて、いいじゃない?」と思えてきます。

じゃんけんを理解しはじめた幼児さんから、小学校低学年のお子さんにおすすめです。
じゃんけんという身近な題材と、はっきりした色使いの絵が、お話し会にもよさそうです。
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

じゃんけん

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット