しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
およぐ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

およぐ

  • 絵本
作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年02月
ISBN: 9784834008692

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

おはなし

いぬや、ねこや、動物たちはみんないぬかきで泳ぐけど、でもなぜ泳げるのでしょう。
それは、からだが水に浮くからです。
人間も動物も、体の中に浮き袋をもっていて、ふくらんだ風船が水に浮かぶのと同じように、水に浮くのです。
さあ、それでは練習してみましょう。
水を顔につけて・・・。
体を横に伸ばして・・・。
さあ、こんどは一人でやってみよう!

およぐ

出版社からの紹介

犬も猫もいぬかき泳ぎ。どうして泳げるかって? それは体が水に浮くから。君もお風呂で確かめてごらん……。怖がっていた子も水に入りたくなるでしょう。

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
小学1年生になったテルノは夏休みもプール三昧。もう一人で3.5メートルほど泳げるようになりました。またこの夏はオリンピックの競泳をみて俄然燃え、風呂でも「パパ、潜るよ!」と潜水を繰り返す始末です。そんんな姉の姿をみて、「ネーネー(お姉ちゃん)、ボクニモ オヨギ オシエテ!」とせがむヒロシに、風呂上りこの絵本を読んであげるときの娘はうれしそう。泳ぎの理論を科学的にひも解いた絵本なので娘も勉強になるようです。二人ともがんばれよー。パパは10歳で河童だったぜ。泳げるようになったら親子メドレーリレーやろうな!。

ベストレビュー

泳ぎ方を教えてもらいます

3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。まだスイミングスクールには行っていませんし、近場のプールで水遊びをする程度の息子。そんな息子に泳ぐということを教えたことはありませんが、この絵本はおもしろいなーと思いましたよ。なぜ、水に浮くのかという科学的なアプローチから始まり、まるでスイミングスクールのレッスンのように泳ぐことを手取り足取り、絵本で教えてくれる・・・。

そろそろスイミングスクールに入れようかなとは思っているので、これを機に泳ぐということをまず知識として教えてやろうと思いましたね。水に浸かるというお風呂とは異なる体験を、少しでも不安を取り除けるのかな?と。息子も泳ぐということに多少興味を示しだしました。やっと頭を洗うのも泣かないでお湯をかぶることができるようになったし、このエンジンのかかり具合を生かせたらと思います。古い本ですが、なかなかいい本だな、と思いましたね。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

なかの ひろたかさんのその他の作品

おしりをふく話 / てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ / なきむしおばけ / なきむしおばけ / ひとりぼっちのりんごのき / かみなりゴロスケ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

およぐ

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット