話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

プーワ島のそらのした

プーワ島のそらのした

作・絵: 高畠純
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,496

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1992年07月
ISBN: 9784892388927


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

ベストレビュー

きっといつかはいいことがあるさ?!

最近夫がはまってる高畠純さんの絵本です。
4月から移動することになり、大忙しの夫が、時間を見つけて子どもたちに読んでくれました。どんなに忙しくなっても、今後も我が家のパパによるお話会がずっと続きますように。

ふくろうとにわとりのプロローグから始まり、ふたりのゴリラがクッキーのなる木を探しに行くおはなし「ふたりのゴリラ」と、ついてないアルマジロのおはなし「アルマジロ」、そしてまた、ふくろうとにわとりのエピローグで結ばれる、オムニバス形式の絵本です。
短い文と、ユーモラスな絵は、小さな子でも充分楽しめますが、本当のおもしろさがわかるのは、小学校中学年くらいからでしょうか?大人でも、思わずにんまりしてしまう味のある絵本です。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高畠 純さんのその他の作品

ペンギンたんけんたい みなみのしま / テレビマンボルフ なんでもかいけつ! / モンスター・ホテルで ろてんぶろ / なぞなぞはじまるよ 3 /  たいそうするよ / うちにパンダがいるよ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > プーワ島のそらのした

町のかわりものアーサーが神話のせかいで大かつやくする 冒険ファンタジー!!

プーワ島のそらのした

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット