クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD

  • 絵本
作: さとうとしなお
絵: みやもとただお
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年12月
ISBN: 9784265006243

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ADHD(注意欠陥多動性障害)とよばれる子どもの本人の視点から、分かっていてもコントロールできない本人の気持ち、認められほめられて落ち着けることなどを伝える絵本。

ベストレビュー

作者は養護学校の先生でした。

いのちのえほんシリーズ。このシリーズには、いろいろな命のあり方を考えさせてくれる絵本が、たくさん出版されています。
第14作目である子の絵本は、最近いろいろと話題になっている「ADHD」(注意欠陥多動性障害)の子どもこうたが、主人公。
「ADHD」(注意欠陥多動性障害)の子どもの目から見た、心の揺れ動きがとても丁寧に描かれている絵本でした。
それもそのはず、作者は養護学校の先生でした。
こういう絵本を少しでも多くの人に読んでもらいたいな。
蛇足ですが、このさとうとしなお氏とイラストのみやもとただお氏がペアを組んでいる別の作品「たっちゃん ぼくがきらいなの」(たっちゃんはじへいしょう)も、いのちのえほんシリーズから出ていて、お勧めです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さとうとしなおさんのその他の作品

たっちゃんぼくがきらいなの

みやもとただおさんのその他の作品

かえってきたドロンコ / いればのガタくん、そらとんだ / ぼくとおじいちゃん / But I Like You きらいですき / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / ハルナさんとふしぎなおと?



好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット