うみのいきものかくれんぼ うみのいきものかくれんぼ
作: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
さかな、たこ、いるか、かになど、うみのいきものがいっぱいのかたぬきえほんです。うつくしい色と形で、いきものの名前をあてっこできる絵本です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話

作: 岩田 健太郎
絵: 土井 由紀子
出版社: 中外医学社

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年11月
ISBN: 9784498048003

A4変形判 32頁

出版社からの紹介

毒入りリンゴを食べてしまった若者の頭がリンゴになり、それを食べた人たちも次々とリンゴ頭になってしまいました。 王さまや大臣、センモンカたちは毎日タイサクカイギを開くものの、リンゴになる人は増えるばかり。ヒョウロンカはバッポンテキタイサクが必要と声高に叫ぶのですが…。ふしぎな感染症のお話と、いつかどこかで見たことがあるようなカイギの風景。
子どもも大人も医療従事者も楽しめる岩田健太郎先生の絵本です。

ベストレビュー

政治家の皆さんにどうぞ。

出版社の「中外医学社」って、あのよくCMで耳にする「中外製薬」の会社でしょうか?
この絵本の作者は感染症専門のお医者さんだそうです。
ウチの上の子が少し前にハマった『病気の魔女と薬の魔女 ローズと魔法の薬』を書かれた作家さんも、感染症の研究をされている医学者さんだったと思います。
理系と文系の不思議なコラボですね。

この絵本の場合、食べると体の一部がリンゴになってしまう不思議な「リンゴ」が、感染症のもと。というイメージなんでしょうか。
私はどちらかというと、感染症がどんな風に人に感染していくかより、社会を支えている政治家たちの愚かな議論と、後手後手に回る対策の方が、読んでいてリアルに面白かったです。

今の政治家さんたちにぜひ読んでもらいたい1冊ですね!!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット