あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
あとかくしの雪
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あとかくしの雪

作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,068 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年10月
ISBN: 9784333015351

26×22cm 32ページ

出版社からの紹介

長旅で疲れ、空腹のお坊さんのために、心優しいおばあさんはやき大根をごちそうします。11月23日の大師講の夜、必ず雪が降るといわれる由来話。

ベストレビュー

思いやり

解説にあった大師講も弘法大師も良くわかっていないのですが、そんなことを抜きにしてもとても澄んだ気持ちになれるお話です。
11月23日、旅を続けるみすぼらしい修行僧が宿を借りようとして立ち寄ったのはお屋敷。
身なりを見て追い返された後、近くの小屋のような家に宿を借ります。
貧乏なおばあさんは、タキギを持ってきたり、大根を持ってきて焼いて修行僧をもてなしますが、見てみるとあのお屋敷を行き来する足跡が残っています。
修行僧のために盗んできたのでしょうか?
おばあさんのやさしさを見ていると、悪いことしているようには見えません。
修行僧は空に念じて雪を降らせ、おばあさんの足跡を隠してあげました。
この本には二つの思いやりがあります。
おばあさんの修行僧に対する思いやり、修行僧のおばあさんに対する思いやり。
おばあさんがタキギやだいこんをどのように手に入れたのかを追及しないのは読者としての思いやりかも知れません。
やさしさにつつまれたお話の中で、攻め立てることなど何もないのですから。

修行僧は弘法大師だったのでしょうか。
全国に弘法大師にまつわる話はありますが、心広くなれるエピソードが添えられています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷 真介さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 子どもの伝記12 キリスト / 4さいからの豊かな心を育てるお話 / ふしぎな黒イヌ / あわてんぼうのニワトリねえさん / ヒツジのおやこのおくりもの / 赤ちゃんをまもったサル

赤坂 三好さんのその他の作品

トミーは大いそぎ / はだかの王さま / おもちのすきなヘビのおふじ / たまごから生まれたウマ / リュウのむすめとおいしゃさん / イノシシとお月さま



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

あとかくしの雪

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット