おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
テオとふね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

テオとふね

作・絵: ビオレタ・デノウ
訳: 小西 マリ子
出版社: 青玄社

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「テオとふね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ふしぎに味のある絵

薄い水色に浮かぶ少年テオと船の絵。
絵がかわいらしくて手に取りました。
これがなんだかふしぎに素人っぽいというか、カラフルで和み系のイラストなんです。
出てくる人々がみーんなぷくぷくっとしたお顔でにこにこ顔。
(テオが溺れているのを助ける船員さんまで!)
テオが船に乗って、島に行くというシンプルなお話と言い
ちょっと子どもが作った絵本のような素朴さがあります。
どういう方が描いたのかしら。

私はとくに船の中を描いた断面図に惹かれました。
船旅、してみたいなぁ〜。


我が子はあんまりくいつきませんでしたが、
かわいらしい絵本で、おもちゃの棚にそっと飾っても
すてきそうな絵本でした。
(10月さん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小西 マリ子さんのその他の作品

テオとひこうき



映画『ゆずりは』試写会レポート

テオとふね

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット