ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
絵本・おとうとII はじめての学校
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本・おとうとII はじめての学校

作: 松本 春野
監修: 山田洋次
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月15日
ISBN: 9784406053846

幼児〜小学校中学年
B5上製 32P

出版社からの紹介

はじめて学校へ行く朝。はりきってみせるが不安でいっぱいの弟・てつろうに、吟子は学校での「お楽しみ」を話す。それは、給食のあとの休み時間。春はおにごっこ、夏は虫とり、秋は枯れ葉のじゅうたん、冬は雪合戦。それでも勉強があるからいややというてつろうに、吟子は――。映画「おとうと」から生まれた2冊目の絵本。

ベストレビュー

がんばれ!新一年生

なんでも、この絵本の舞台は昭和30年から40年、今から50年くらい前で、やんちゃな弟とそれを優しくうけとめるお姉ちゃんが出てくる。

おとうとのやんちゃぶりは、今の子供と変わらないけれど、会話のはしばしにのぞく、その時代のごくふつうの、幸せな、何気ない日常が感じられる。

そう、今の家族のありかたより、なんていうかあたたかみを感じる。

それが、私にはほほえましいけど、子供には通じないらしい。

あたりまえか、昭和を知らないのだから。
(イザリウオさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

松本 春野さんのその他の作品

おばあさんのしんぶん / LIFE(ライフ) / ふくしまからきた子 そつぎょう / びんのなかのともだち / 今日も明日も上機嫌。 モタさんの“言葉” / ふくしまからきた子

山田洋次さんのその他の作品

真二つ / 絵本おとうと / めだま



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

絵本・おとうとII はじめての学校

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット