大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ぼくとあいつのラストラン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとあいつのラストラン

作: 佐々木 ひとみ
絵: スカイエマ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784591112755

小学校中学年〜
サイズ :21cm x 15.5cm ページ数 :128ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大好きなジイちゃんが亡くなった。ジイちゃんが寝たきりになってから、あまり会いにいかなかったことを後悔する武の前に、ふしぎな少年が現れて・・・。

ベストレビュー

命のバトンをつなぐのは。

ジイちゃんと呼び、本当のおじいちゃんの様に慕っていたお隣のおじさんが亡くなった日から
葬儀が終わるまでの数日間のお話です。
自宅で息をひきとり、お通夜から葬儀までを隣組というか、ご近所さんで執り行う様子から、
私が幼い頃に唯一自宅で出した祖母の葬儀を思い出しました。
時代背景は「今」なんだと思いますが、懐かしい匂いがします。

身近な死と直面した主人公の武が、死と向き合い、受けいれていく過程が、
とても魅力的なエピソードと共に描かれていて、子どもが読者でも生きることや死ぬことについて
温かい気持ちで考えることが出来るんじゃないかなと思いました。
また読み終わった時には、亡くなったジイちゃんは、
武の心の中や見上げる星空の中に居ると思えてきたりもしました。

命のバトンを繋ぐということは、血の繋がりだけじゃないのかもしれないと考えさせられたりも。

風景や武の心の描写がとても丁寧で、読み始めてすぐにお話の世界に引き込まれます。
私がとりわけ心を惹きつけられたのは、武とお姉ちゃんの2人が星空を見上げる場面です。
今はほんと少なくなってしまった暗い闇をバックにキラキラ瞬くたくさんの星を想像し、
自分もそこに居るかのような気持ちになりました。

読書が苦手という子どもさんには、
本を読むことの楽しさを感じさせてくれる1冊になるかもしれないと思える本でした。
(西の魔女さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐々木 ひとみさんのその他の作品

七夕の月 / もののけ温泉 滝の湯へいらっしゃい / ドラゴンのなみだ

スカイエマさんのその他の作品

アサギをよぶ声 そして時は来た / アサギをよぶ声 新たな旅立ち / タイムストーリー 3日間の物語 / 少女探偵月原美音 / 迷宮ヶ丘 六丁目 不自然な街 / タイムスリップ海賊 サム・シルバー(2) 幽霊船をおいかけろ!



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

ぼくとあいつのラストラン

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット