貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
空飛ぶ猫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

空飛ぶ猫

作: 森本 和子
絵: 木下純子
出版社: アースメディア

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

猫も飛びたい

茶トラの猫トビーは空を飛ぶことに憧れています。小鳥たちにそっと近づき「ねぇ、どうやって飛ぶの?」と尋ねます。仲間のネコたちがあざ笑う中、白ネコのサーラだけはトビーを応援します。やみくもに飛ぶ練習をしているさなか出会ったカラスのフリーダと仲良くなるトビー。サーラはさびしい気持ちでいっぱい。ついにトビーは空を飛んで・・・。

油絵で描かれたネコたちの姿はとても愛らしくネコ好きにはたまらないでしょう。「あっちいけよ!」と言われたサーラの切ない表情、真っ逆さまに落ちていくトビーの様子、色遣いが美しく見応えがあります。

地上を離れて(日常を離れて)気がつくもの、それはいつも見守ってくれる人の想い。それがテーマの本ですが、そんなことに気付かなくとも十分受け入れられる一冊だと想います。大人の方がズシンと堪えるかもね。
(星モグラサンジさん 30代・その他の方 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

空飛ぶ猫

みんなの声(1人)

絵本の評価(3




全ページためしよみ
年齢別絵本セット