貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ポインセチアはまほうの花
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポインセチアはまほうの花

  • 絵本
作: ジョアンヌ・オッペンハイム
絵: ファビアン・ネグリン
訳: 宇野 和美
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ポインセチアはまほうの花」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784895728164

小学校低学年から
31ページ

出版社からの紹介

メキシコのクリスマスといえば、ポサダを祝う子どもたちの歌声、色とりどりのピニャータ、マリアッチのメロディー、それに真っ赤なポインセチア。ポインセチアは真心のしるしなのです。メキシコに伝わるクリスマスの奇跡のお話。

ポインセチアはまほうの花

ベストレビュー

ポインセチアの赤いなぞ

クリスマスの季節になると、

子供が小さかった頃の習慣で、

毎年、クリスマスの絵本を買ってしまうのです。

この絵本「ポインセチアはまほうの花」も、

そうしたクリスマス絵本のひとつでした。

私が子供の頃にはなかった「ポインセチア」が、

いつの頃からか、

お花屋さんの店先に飾られるようになつたのは……。

そうした、クリスマスとポインセチアのつながりが、

この絵本で語られているのです。

メキシコのある少女、

フアニータは、

お父さんが失業してしまったために、

クリスマスの礼拝に、

神様にささげるろうそくさえも買えず、

教会に入っていくのをためらってました。

その時、

教会の前の天使の像が、

ささやいたのです。

天使は、

天使のそばの緑の葉を持っていきなさいと、

いうのです。

神様は、フアニータの気持ちをわかってくださるでしょう……。

天使の言いつけにしたがって、

フアニータは、

緑の葉を抱えて、

教会の中に入っていきました。

すると、驚いたことに、

緑の葉は、

星の形をした真っ赤な花にかわっていったのです。

フアニータのやさしさと真心が、

奇跡を生んだのです。

これは、

端正な絵柄とエピソード、

メキシコのクリスマスのお話でした。

いまや、

日本中で、

木枯らしの吹く寒空に、

クリスマスの音楽が流れだす頃、

ぬくもりのある、

ポインセチアの赤い葉が、

店先に立ち並ぶのです。

神様から、

どんなプレゼントをいただくのかではなく、

神様に、

何をさしあげられるのかという心が、

ポインセチアの赤い葉には、

隠されていたのです。
(いわなべ仙吉さん 60代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

ファビアン・ネグリンさんのその他の作品

ひみつの足あと

宇野 和美さんのその他の作品

マルコとパパ / エンリケタ、えほんをつくる / 太陽と月の大地 / ちっちゃいさん / だいじょうぶカバくん / うるわしのグリセルダひめ



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

ポインセチアはまほうの花

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット