十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【おまとめ買いにも♪】キュートなこぐまちゃんソックスは、ちょっとしたプレゼントにオススメです♪
チピヤクカムイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チピヤクカムイ

  • 絵本
作: 藤村久和
絵: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

カムイユーカラシリーズ第3弾!!
天空の神様から人間たちの様子を調べるようにと言われたオオジシギの神は、人間界の自然の美しさ・楽しさにうかれて
大事な約束を忘れてしまい神々の怒りをかう。オオジシギの神はなんとか許してもらおうと奮闘するが・・・。。

チピヤクカムイ

ベストレビュー

「クナウとひばり」という話にも似ています。

四宅ヤエさんの語りを、アイヌ昔話を藤村和久さんが文章にした≪神々の物語≫シリーズです。

この話を読んで、似ているな〜と、思ったのが「クナウとひばり」(アイヌの昔話・東京子ども図書館編纂)というお話でした。
人の住む地上が気に入って、頼まれた用事をすぐこなさなかったために、神の国へ帰れなくなったひばりの話です。
このお話の「オオジンシギの神さま」も、同じような目にあいます。
元が、口伝えの昔話なので、描かれている世界が音にするととても美しく響きます。
手島さんの絵は遠目が効くので、小学校高学年くらいのお子さんになら、読み聞かせにも使えそうです。

なにしろ、手島さんの描かれるアイヌ(地上)の世界がとても素敵でした!
どのページの絵も捨てがたいのですが、私は特に色とりどりの実をついばんでいるシーンと、その次のページ神さまに怒られて地上に墜落していくシーンが印象的でした。

また、このシリーズには毎回、昔話やアイヌ文化の研究者の方の解説が載っていて、この作品の解説は昔話研究所で、たくさんの昔話を研究・編集・再話されている小澤俊夫さんでした!
私は個人的に日本の昔話の再話は小沢俊夫さんの物が好きです!!
解説も面白いしすごく勉強になりました。
絵本の本編も素晴らしいですが、ぜひ、この解説はしっかりとお読みください。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤村久和さんのその他の作品

カムイ・ユ−カラ(全5巻) 神々の物語 / エタシペカムイ / イソポカムイ / ケマコシネカムイ / カムイチカプ / 英日絵本 チピヤクカムイ/鮫どんとキジムナー Chippiyak Kamui / Samedon and the Kijimner

手島 圭三郎さんのその他の作品

くまげらのもり / ひぐまのあき / つきよのくろてん / きたきつねのゆめ / しまふくろうのみずうみ / おおはくちょうのそら



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

チピヤクカムイ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット