だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

  • 児童書
作: あんずゆき
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月15日
ISBN: 9784333024636

小学校中学年から
22p×16p 128ページ
A5判・22p×16p・128ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

クラウン・Kこと道化師の大棟耕介さんは、病院を訪ねて患者に笑いを届けるホスピタルクラウンとして活躍しています。
子どもたちからの愛称はKちゃん。Kちゃんとふれあうと、たちまち誰もが笑顔になって、
病院の張りつめた空気が、明るくやわらかく変わります。まるで、魔法にかけられたように――。入院中の子どもたちとKちゃんの交流を追った、心あたたまるお話です。
“好き”を“パワー”に変えて走り続ける大棟耕介さんの姿に、きっと勇気づけられるはずです。

<ここがポイント>
・ホスピタルクラウンの活動がよくわかります
・夢や希望の持ち方やその大切さがかわります
・心あたたまるお話です


ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

ベストレビュー

いつも笑顔で

夏休みの読書感想文の課題図書で購入しました。これまでホスピタルクラウンの存在を知りませんでしたが、こんなにも人の役に立つ、人を笑顔にする仕事があるのだと感動しました。自分と同じ年頃のこども達でも、病院に入院して病と闘っている子達がいることを知るのも、こどもにとって良い経験でした。笑顔は大切ですが、そのような立場にあるこども達を笑顔にするのは至難の業だと思います。しかしそれをやってのける、Kちゃんの姿に大人の読者も胸打たれることでしょう。
(ちょてぃさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あんずゆきさんのその他の作品

菌ちゃん野菜をつくろうよ! / おたすけ屋助太のぼうけん(2) おばけ、追いださないでください / おれさまはようかいやで / おたすけ屋助太のぼうけん(1) おばけ、さがさないでください / ツリークライミングはぼくの夢 / ワン!ツーステップ もう一度、歩こう!犬のリハビリトレーナー



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット