もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
犬どろぼう完全計画
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

犬どろぼう完全計画

  • 児童書
作: バーバラ・オコーナー
絵: かみや しん
訳: 三辺 律子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784894237049

小学校高学年〜
254頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アメリカ・ノースカロライナ州に住む少女ジョージナは、父親が家を出て行ってから母と弟と3人、車での生活に。
そんな状況を打開しようと、彼女はある計画を思いつく。
それはあまりに無謀で、危険や犯罪と隣り合わせの計画だった……。

ベストレビュー

アメリカ社会への憤り

内容的に小学校の中学年くらいから中学生くらいにいかがでしょうか?
決して悪くない文章だし、子どもたちの個性も、物語自体もすごくわかりやすく描かれているお話ですが、
アメリカの低所得者の生活苦や、それに伴う周囲からのさげすみやいじめの問題が胸にこたえました。

最終的に主人公のジョージナは、自分の心から「悪魔」を追い出し、すべてを告白しますが、《犬どろぼう》を計画し、実行してしまった家庭で、ジョージナとその家族がどんどん悪い方に転がっていくのを助けてあげられるすべはないのかと、こちら側で読んでいるしかないのが苦しくて、つらかったです。
こういう現状がアメリカ社会にあるということを知って、よかったような、悪かったような…。思春期の子どもたちがこの本を読んで、社会への憤りとか感じてくれるかな〜。と、思いました。

好みもありますが、読んで損はないお話です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

バーバラ・オコーナーさんのその他の作品

パラダイスに向かって

かみや しんさんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / あなたはだぁれ / ひもが つくる かたち / 偕成社文庫 少年の日々 / とげとげ おなもみ くっつきたーい / こはく色の目

三辺 律子さんのその他の作品

夢の彼方への旅 / サンタクロースの11かげつ すてきなきゅうかのすごしかた / ほんとうに怖くなれる幽霊の学校 / 世界を7で数えたら / おじゃまなクマのおいだしかた / 岩波少年文庫 615 少年キム(上)



『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

犬どろぼう完全計画

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット