おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
死のほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

死のほん

作・絵: ペニラ・スタールフェルト
訳: 川上 麻衣子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784097264040

B5変/40頁

出版社からの紹介

川上麻衣子訳スウェーデン流おくりびと絵本

スウェーデン流性教育絵本「愛のほん」に続き、スウェーデン生まれの川上麻衣子さんがスウェーデンのベストセラー絵本作家ペニラ・スタールフェルトさんの「死のほん」を翻訳しました。生きること=愛と性というテーマの対局として、死とは何かという根源的な問いをユニークな感性で絵解きしており、その内容の深さからドイツ児童文学賞のノンフィクション部門にノミネートされました。「死ぬことを理解するのは、むずかしいの・・・。それはあなたが小さいせいじゃなくて、大きくても同じ」と本文にあるように、子供のみならず大人にまず読んでいただきたい作品です。ペニラさんの作品は世界14カ国ですでに翻訳されており、川上さんが15カ国目の日本語に初挑戦しました。


編集者からのおすすめ情報

普段にあまり意識することのない「死」という現実。そのことをどのように解釈し、受けとめ、また子供に伝えていくかという問題に、正面から向き合った作品です。北欧という国柄もあるのか、ある意味非常にドライかつシンプルに捉えており、宗教や民族を越えて描いています。「愛のほん」同様に、老若男女あらゆる方に読んで語っていただきたい1冊です。

ベストレビュー

死んだらホットドッグになる、っていうのが斬新ですね。

色々と勉強になる本でした。豆知識的な。なかなかこういった本ってないですよね。もっとあってもいいような気がする。女優さんが翻訳してるって言うのも面白いですね。同じ方が書かれてる、愛の本も読んでみたいな〜。
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子3歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ペニラ・スタールフェルトさんのその他の作品

愛のほん



『そのままのキミがすき』『あなたなんてだいきらい』きむらゆういちさんインタビュー

死のほん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット