メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本

作: 佐藤 雅彦 ユーフラテス
絵: 佐藤 雅彦 ユーフラテス
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784097264316

菊倍版/40頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

こんがらがっちのゆびでたどる絵本 待望の第3弾!
こんがらがっちの絵本最新刊。
いぐら(「いるか」と「もぐら」がこんがらがってできた生物)とたらす(「たこ」と「からす」がこんがらがってできた生物)が、「きもだめしのもり」に迷い込みました。そこには、怖くてヘンテコなおばけたちがいっぱい! そして道を進んだ先には・・・。驚きの結末を楽しんで下さい。
そのほか、『いったい この おと、なんの おと?』、『いぐら、どうぶつえんで カメラマン!』の計3話収録。
今回も、何度でも楽しめ、本を開く度に新しいおもしろしかけが盛りだくさんです。

編集者からのおすすめ情報本作を手がけるのは、佐藤雅彦と慶應義塾大学佐藤研究室の卒業生からなるクリエイティブ・グループ、「ユーフラテス」。頭が「!」となるしかけが随所に盛り込まれた新感覚の絵本で、小さなお子さんはもちろん、大人の方からも好評を頂いています。
本作以外にも、絵本『どっちにすすむ?の本』、『あっちこっちすすめ!の本』や、ショートギャグがいっぱいの4コママンガ『あたまがこんがらがっち劇場』も発売中です。ぜひご覧ください!

ベストレビュー

何度読んでも楽しい

迷路形式なので、何度やっても飽きずに楽しめます。
外出先には是非持っていきたい絵本です。
登場人物が色々とミックスしていて面白い上、迷路途中に
出てくるおばけたちも楽しく隅々まで凝っています。
最後にキャラクター紹介がありますが、これを読んでから
また絵本に戻っても楽しい発見がありそうです。
(びりけんままさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 雅彦さんのその他の作品

このあいだに なにがあった? / ピタゴラ装置はこうして生まれるDVDブック / ピタゴラ装置はこうして生まれるBluーrayブック / DEDEkit(デデキット)考え方のワークショップ01 一刀切り問題 / DEDEkit(デデキット)考え方のワークショップ02 レイヤーの彫刻 / DEDEkit(デデキット)考え方のワークショップ03 3×3×3立体パズル

ユーフラテスさんのその他の作品

コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本 / あたまがコんガらガっち劇場「りりりりりりりりり」の謎 / コんガらガっち ぬきあしさしあし すすめ!の本 / 中を そうぞうしてみよ / このあいだに なにがあった? / あたまがコんガらガっち劇場 !?



刀根里衣さんの最新刊発売記念!ギフトにぴったりの絵本

コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット