雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
がっこうかっぱのイケノオイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

がっこうかっぱのイケノオイ

  • 児童書
作: 山本 悦子
絵: 市居 みか
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784494019526

小学校低学年
A5変型判・21.5×15.3cm・96頁

7〜8歳 編集部おすすめ

みどころ

もし学校にカッパがいたら・・・?
本の表紙は、うっとり目をつぶってバレリーナみたいにポーズをとるカッパ。
蓮の葉っぱの上に片足で立って踊っているみたい。

このお話は、「ぼく」と、あまり日本語が上手じゃない「アンドレくん」と、みんなの前に立ってしゃべろうとすると涙が出てしまう「みかちゃん」が、学校の池でカッパに出会うお話です。
アンドレくんといっしょに見つけた、池の中の葉っぱに乗ってる生き物を、最初はカエルだと思った「ぼく」。でも・・・
「はっぱの上にすわってるカエルは、かおがまるくて、からだはほそかった。それに、あたまのとこ、なんかついてる。じーっと見てたら、にんげんみたいに、立ちあがった。これって・・・カッパ?」

一気に読める、読みやすいお話。
読み聞かせると、子ども(年長さん)は来年入学する小学校へのあこがれと「カッパにあえるかもしれない」わくわくで本の虜になっていました(自分でも読んでいました)。
とにかく市居みかさんが描くカッパが人間くさくて、しかもひょうひょうとした感じがいかにもカッパらしくて(?)見ごたえ十分。葉の上に立ちあがるカッパも、水槽でくつろぐカッパも、音楽にあわせて踊るカッパも、にやにやしちゃうほどユーモラスな空気を醸し出しています。子どもたち三人がイケノオイと池の中で泳ぐ場面も気持ち良さそう。
小学生低学年向け、絵本から読み物への移行期におすすめの一冊です。

それにしても「イケノオイ」って・・・かわいい名前ですよね。
本を読んだらなぜ「イケノオイ」なのか、わかりますよ!

(大和田佳世  絵本ナビライター)

がっこうかっぱのイケノオイ

出版社からの紹介

ぼくは、あさのかいのとき、クラスのみんなの前でしゃべる「スピーチ」がきらい。うまくしゃべれないし、どきどきしてあさごはんをもどしそうになる。
みかちゃんもだまったまま、なみだをうかべている。
きょうはアンドレくんのばんだ。アンドレくんは、日本語がじょうずじゃない。「カッパ、ミタ」といってカエルをみせて、みんなに笑われた。でも、帰りに学校の池でぼくと、アンドレくん、みかちゃんはカッパをつかまえる。カッパの飼い方なんてわからないから弱らせてしまう。あめ玉で一命をとりとめるカッパ。その瞬間、ぼくたちは池の中にしょうたいされ、心を通わせて、お互いの気持ちを知る。
カッパは学校でいちばん好きな音は笑い声だという。だからこの池にいるんだ、と。その後、三人は学校でよくわらうようにった。

子どもたちが一日の大半を過ごす学校。
なかには、あんまり楽しく思えなくて、学校に行くのがつらいなと思っている子もいるはず。そんな子どもたちの力になれる物語です。
学校っていいな。学校って楽しいな。
読んだあと、子どもたちがそういう気持ちになってくれたら、と思っています。

子どもたちの笑い声に満ちた学校、家庭、そして……子どもたちが笑っていられる世の中ってすてきだなと、当たり前だけど大切なことを、思い出させてくれる物語です。親子で読みあって、話し合うきっかけにも。

ベストレビュー

学校生活って・・・

 小学2年の息子。

 表紙の絵がなんともユニーク。かっぱが踊っているんですから、なんとも愉快です。

 ちょっと長めのお話にチャレンジしてみようと思う特に男の子にはうってつけの本ではないでしょうか・・・?
(絵本から童話への移行期にある小学校低学年さんにはちょうど良い字の分量だと感じました。)

 また、お話が子ども達の毎日の生活の場所である小学校というところも子ども達の興味をそそるポイントなんじゃないかと思いました。いつかまた「あのかっぱの踊り、おもしろかったな」と思い息子が手にとって読み返してくれたらいいなと思っています。
(りんごマミーさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

山本 悦子さんのその他の作品

神隠しの教室 / テディベア探偵 引き出しの中のひみつ / テディベア探偵 ゆかたは恋のメッセージ? / 先生、しゅくだいわすれました / ポプラポケット文庫 テディベア探偵(2) 思い出はみどりの森の中 / ななとさきちゃん ふたりはペア

市居 みかさんのその他の作品

いち、に、さんすう ときあかしましょうがっこう 〇を□に! / ジョンくんのてがみ / ぼくだってトカゲ / まりひめ / できること おてつだい / どろきょうりゅう



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

がっこうかっぱのイケノオイ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット