貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
町かどのジム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

町かどのジム

作: エリナー・ファージョン
絵: エドワード・アーディゾーニ
訳: 松岡 享子
出版社: 童話館出版

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「町かどのジム」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年10月
ISBN: 9784887500242

およそ10〜11才から
ページ数:172ページ  サイズ:縦20cm × 横15cm

出版社からの紹介

町かどの箱の上にいつも腰かけている80才のジムは、8才のデリーに、ゆり木馬号の船乗りだったころの話を語ってくれます。

ベストレビュー

子どもに必要な存在

ファージョンの作品と知って読みました。
ユーモアとあたたかさがあって、読み終わるともっと続きが読みたくなる本です。
8才の男の子デリーと80才のおじいさんジムの友情が、その後も続いていると信じさせてくれます。

ジムの船乗り時代の話は、どこまでが本当なのか分からないですが、大人でも心おどる冒険物語です。
そして心温まるエピソードが必ず入っています。
松岡さんの訳は、とても読みやすく、特に註釈が分かりやすいです。

高学年から一人で読めると思いますが、ジムの代わりに大人が語ってあげると、自分がデリーになった気持ちで聞けでしょう。
こんなお話をしてくれるおじいさんがいたらどんなに幸せでしょう。
決して説教くさくなく、ユーモアをまじえて人生で大切なことを教えてくれるおはなしです!

(おるがんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリナー・ファージョンさんのその他の作品

ちいさなもののいのり / エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする / 岩波少年文庫 ムギと王さま 本の小べや1 / 岩波少年文庫 天国を出ていく 本の小べや2 / 岩波少年文庫 リンゴ畑のマーティン・ピピン 下 / 岩波少年文庫 リンゴ畑のマーティン・ピピン 上

エドワード・アーディゾーニさんのその他の作品

ゆうかんな猫ミランダ / ライラックの枝のクロウタドリ / エドワード・アーディゾーニ 若き日の自伝 / あかいえのぐ / Little Tim and the Brave Sea Captain チムとゆうかんなせんちょうさん / マチルダばあや、ロンドンへ行く

松岡 享子さんのその他の作品

グリムのむかしばなし2 / グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

町かどのジム

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット